帯状疱疹

H30/5/1水(発症していたが帯状疱疹と気づかず、ゴルフ肩と勘違いした)
5/28、29、30と福岡まで孫に会いに行き、帰ってきたら右肩の周りが痛み出した。

検索したらゴルフ肩に似ていたので、湿布薬を2〜3枚貼った。(5/3、5/4、5/5)
 (4月に半年ぶりに10日間ぐらい熱心にゴルフの打ち放しを始めて
  それと同時にサンドバックも久しぶりに叩いていたので、肩甲骨周りの
  筋肉を痛めたのかと勘違いした)

5/5土
風呂に入った後、鏡で見たら帯状疱疹が急に現れた。



検索したら帯状疱疹らしい。治療は早い方がいいとあったので(1〜5日以内)

5/5土(病院は休診日)(発症後5日目)
夕方、救急外来で診察して薬をもらう。この時点では頭痛はなかった。


5/6日(病院は休診日)
頭痛で朝の4時頃目が覚める。痛みが治まらないので夕方再度、救急外来を受診。
頭痛薬のバファリンと以前もらった痛み止めの薬を飲んだが効き目がない事を医師に告げる。

すると、医師は了解して、神経に聞く頭痛薬を3日分処方してくれた。
もっと下さい、とお願いしたら救急外来では3日が限度です、と言われた。

5/9が皮膚科の先生が来る日なので正式に受診予定。


5/7月
仕事の段取りをして痛みを忘れる、も、終えたら痛み出した。笑
痛み止めを飲んだら1時間後、きいてきたようで、痛みが消えた。





頭痛薬もきいたし、傷も治りかけのきざしが見えたし、後は経過を見守るだけです。


5/8(発症から8日目)
午前3時、頭痛で目が覚める。
痛みに耐えかねて5時に頭痛薬リリカを飲む。ロキソプロフェンも追加で飲む。

この薬は飲んでから1時間後で効いてくる。今、5:30で30分経ったが痛みで声が出るほど
頭痛が激しい。今5〜10秒毎に、声を出して「あいてててて・・・、あいてててて」を繰り返している。
まさに実況中継しています。(顔は苦痛でゆがんでいます)

この痛みは前回より増している。神経の薬なので神経を麻痺させて痛みを和らげる感じなので
神経が怒っている感じです。首も筋肉が凝って固くなっていて、首を回して凝りを緩和している。

5/8AM8:30 6:00頃眠りについて8:00に食事のため目を覚ます。
頭痛薬リリカOD錠75mgが利いていて痛みはない。

この薬は6時間しか効かないから明日まで4錠必要だが2錠しかないので、病院にもらいに行くか
思案中?!。。。。。この頭痛は強烈な痛みだから、恐らく今晩は薬がないと眠れない気がする。
よって今からもらいに行きます。笑(神経を逆なでする痛みは耐えられない)

5/8AM10:30 病院からリリカを1日分処方してもらった。やれやれである。これで今晩は痛みを
カバーできる。明日先生にはリリカが6時間しか効かないことを報告しないと今後が困る。

5/9AM6:30
一応痛み止めを確保し今日の皮膚科受診までの準備は万端にした。
痛み止めのリリカは6時間しか効かなかったので、6時間後に飲もうと思ったが、痛くなってから
飲んでもいいか!と切り替えて様子を見た。

ところが、いつまでたっても頭痛がこない。結局痛みはこなかった。
ここで人間の体の不思議さを感じたが、冷静に考えると同時にぬり薬もぬっていたのでウイルスを
退治していて効果があり傷も枯れてきた。

肝心の皮膚科を今日受診するが、治りかけを報告するだけになった。
救急外来の担当医と看護師のおかげで完治のめどが立った。担当医からは、今帯状疱疹が
はやっていると聞いたので、慣れているなぁ、と安心するところもあった。

関係者のみなさんに、感謝致します。ありがとうございました。


5/9AM10:30皮膚科受診(発症から9日目)
先生が患部を見て「これはすごいね」と言ううくらいだから、範囲が広いと思う。
いつから治療してると看護師に聞いて5/5からと分かると、治りの加減を見て
「よし、新しい薬に変えよう」と言った時は一瞬びっくりしたが、専門医なので任せるしかない。

来週も来るように言われて帰る。



処方箋を薬局に持って行きリリカを処方されているが、痛みがなくなったので飲まなくても
いいのでは?と質問したら、そこが帯状疱疹の難しいところで、一旦収束しても再発もあり得る
ので飲んでた方がいいよ、と言われた。

さて、これからどのような経緯をたどるのか?安心のなかにもかすかな不安もある病気だ。

※頭痛薬のリリカが効いたので、現在痛みが無くなったが、この頭痛は我慢しにくい。
 正直、この痛みが1〜10年続く場合もあるとすれば、「死」も考えるくらい深刻です。

 世の中の想像を絶する病気で、闘病生活を余儀なくされている方々からすれば、
 これしきで、死を考えるのは甘い考えかも知れませんが、闘病から逃げて死ぬのは
 やはり卑怯な考えかも知れません。

 私は個人的には「死の尊厳を認める」考えに賛成です。尊厳死を認めて安楽死する
 いろいろ法整備の議論がありそうですが、3人の医師のOKがあれば安楽死を認めて
 いいと思います。


5/10PM9:00(発症から10日目)
新薬の飲み薬とぬり薬が効いたのか、枯れてきた。さすがに専門医は流行が分かっている。
痛みは何もない、見た目は痛々しいが普通にどこも痛くない。







飲み薬:アメナリーフ錠200mgと塗り薬:ゲーベンクリーム1%
飲み薬:リリカは神経頭痛薬で、現在痛みは無いが用心のため飲んでいます。
一応処方されていて、薬剤師からも痛みがなくても飲むように言われる。

※この薬はよく効く(3日目で枯れて急激に治りそうです)


5/12PM4:50(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって4日目)


飲み薬と塗り薬の新薬でかなり枯れてきた。皮膚の痛みはさほどない。


5/13PM8:20(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって5日目)


完全に枯れてきた。ここまでくれば完治がみえてくる。。。


5/14PM7:00(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって6日目)



5/15AM7:30(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって7日目)


だいぶ治った。あと1週間ぐらいかな?
明日皮膚科を受診して判断してもらう予定。


5/16AM7:30(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって8日目)


順調に治っている。カサブタができたら塗り薬は止めていいらしい。
痛みはないがリリカは14日分処方された。飲んでた方がいいらしい。
たぶん、帯状疱疹後神経痛を考えての予防かもしれない。
薬剤師はこの帯状疱疹は長引くからなぁ。。との事。

ロキソプロフェンも14日分処方されたが、これは痛みが無ければ
飲まなくていいらしい。ただ薬が効いていて痛みがないかもしれない
ので、そこは調整して飲んでいいかもしれない。


5/17PM6:30(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって9日目)


治りかけています。


5/19AM8:00(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって11日目)



5/20AM8:00(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって12日目)



5/21PM8:00(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって13日目)



5/27PM8:00(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって19日目)



5/30AM9:50(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって22日目)


昨夜3:30頃、右腕の周りが痛み出して目が覚めた。疱疹は少ないが何か違和感がある。
すぐにでも疱疹が出てきそうな感じがする。

たまらず、起きて塗り薬でも塗ってみたら、痛みが緩和された。

■毎週1度しかない皮膚科受診。
担当医も変わる。今日は学校出たての若い女医で、

女医:「前回の痛みを10とすると、今の痛みはいくらぐらいですか?」

自分:「今の方が痛いです。」

女医:背中をチラ見して「はい、いいです」

自分:おいおい、待てよ、今痛いのは背中ではなくて、右腕の周りの発疹が少ない所が
かゆくて痛いんだよ!と思いながら・・・「湯舟はつかっていいですか?」と聞くと

女医:「パンフレットは渡しませんでしたか?」

自分:こいつはアホや!と直感したので、「もらいましたけど、よく読んでなくて。。。」

看護師:前回から顔見知りなのでニコニコしていた。

女医:「患部は温めた方がいいので、逆に冷やしたらだめです」

もらったパンフレットはウェブで検索したものと、全く同じものだったのでひと通りは
目を通した。そんなことより、専門的な話が出来んのか???

たとえば、広範囲な発疹と30日経過して痛みがある、と言う事は、

1)免疫力低下。原因は自分の場合加齢と糖尿病と肝臓と関係し、どれがどのくらい影響して
いる、とか

2)初期のカルテを見て胃薬を1回処方していたら、そこに食らいつくし、胃薬を
また処方しょうとするし、別に普段から胃薬は飲んでいない事を伝えた。

3)昨夜、かゆくて痛い患部に仕方なく残りの塗り薬ゲーベンクリームを塗ったら緩和した。
この塗り薬を使っていいのか悪いのか?まぁ、私としたら、緩和されればOKとしたが。。。

4)ウイルスの病気は、帯状疱疹後神経痛が残るので慎重に治さないといけない。

5)アホな医者に聞くより、検索で知識を得て病院を探すのも選択の一つである。
でもこの島にはここしか病院はない。

看護師の娘が、女医の言うことを聞いといた方がいいよ、治すのは医者だから。。。らしい。

どの世界でも同じだが、どの専門家にもピンキリがいる。やぶ医者はずっとやぶ医者で
決して名医にはなれない。運よく毎回担当医は変わるシステムなので次回に期待しよう。笑


結局、痛み止めの薬(ロキソプロフェンと胃腸薬とリリカを2週間分)処方された。

※ここでびっくりしたのが、頭痛薬のリリカを1回2錠処方されたことである。
「前回より痛みが増した」と私が答えたが、この女医は痛みが2通りあることが
分かっていない。

神経の痛みの頭痛と疱疹そのものの痛みであるが、両方とも神経の痛みかも知れないが、
患者本人は確実に痛みの違いは区別している。

神経頭痛薬が「リリカ」で、疱疹の痛み止めが「ロキソプロフェン」である。またロキソを
飲む時は胃薬を飲む方がいいので今回は親切に処方されている。

「頭痛の痛みは無くてもリリカは飲んでた方がいい」と前回、薬剤師から聞いていたので
今回も同様に飲むが、1日2錠を2回に分けて飲むのがいいのか?処方された通り
1日4錠を2回に分けて飲むのか?よう分からん。

まぁ、前回と変化させるために、処方された通り1日4錠を2回に分けて飲むことにする。


6/1PM7:40(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって24日目)


女医の処方どうりに薬を飲んだら、右肩の周りの痛みが前側が緩和されてきた。
上記でさんざん文句を言ったが、いい先生かも知れん。笑

強烈なかゆみが出たので、あるいは治りかけ?かも知れん、と思いながらも
後神経痛を疑っていた。長引くのを恐れていたが、どうやら治りかけてきた。

女医には感謝しないといけないが、どうもあの態度では尊敬できん。
きっと、裕福なお嬢さんで成績もよく医者になり、コミュニケーションが下手なだけ
かも知れん。と、検索で書いてあった。


6/5PM9:40(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって28日目)


風呂上りで、湯舟には1週間前より入っている。痛みは多少ある。
薬を飲んでいても多少の痛みはあるが、気にはならない。
薬を飲み終えたら完治しそうです。


6/9PM20:20(新薬の飲み薬と塗り薬をもらって32日目)


痛みが少し残るが、だいぶ治ってきている。それにしても結構
長く5/1に右肩周りが痛んでから6/9の今日でもまだ痛みがある。

痛み止めの薬は2週間処方されているので、それを飲み終える頃
には、完治に向かうかも知れない。


6/28 まだ傷の痛みは残る。頭痛はなし。


なかなか、治りが悪い。。。


30.8/27 まだまだ傷の痛みはあるが、治りかけている。


なかなか、しぶといなぁ。。。